「Kish」i-smart life!

元一条工務店 営業マンが一条工務店ismartで暮らす ぱたぱた家族ブログ

我が家で住宅ローン払える?一条工務店で家建てられる?

我が家で住宅ローン払える?一条工務店で家建てられる?



家が欲しい!けど実際住宅ローン払えるの!?

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます。

今日は風が強くて、花粉が凄いですね><

今のマンションでは、普通に花粉が部屋に入っています^^;

薬の効力が切れると、家族みんな大変なことになる

今日この頃です。花粉症の無い人がうらやましい。

 

さて、今回は「住宅ローン」についてです。

マイホーム計画で現金一括払い以外では

必ず通る道ですね。

 

各種資料集め・土地探し・住宅展示場廻り・資金計画

これら上記4つのどれかから初めるのが一般的ですが

順番は家族によって異なると思います。

この中で、資金計画の部分になります。

 

このブログでは☟から初めて  

kish-ismart.com

展示場の歩き方☟ 

kish-ismart.com 

kish-ismart.com

の順番でUPしてきました。

しかし、順番は重要ではなく納得して

次のステップに進めることが重要だと思います。

 

そもそも、資金計画は 

マイホーム造りが出来るか出来ないかにも関わる

超重要ステップ‼

新築戸建ての夢や希望と全く

正反対の現実の把握がとなります。

あまり他人に進んで見せたい部分ではない

年収・支出・借金・資産などなど

を明らかにしなければなりません。

この四つはっきり、すぐに答えられる人います?

意外と多くないんじゃないでしょうか?

では、どうやって確認しましょう。

住宅ローン払える?

準備しておくべきもの

住宅ローンがしっかり組めるかどうか

判断には、年収・支出・借金・資産

が必要になります。

 

自分で確認するにはまず必要な書類を

そろえてみましょう。

・源泉徴収票

・家計簿

・現在持っている借金額がわかる書類

・現在の貯金額、投資などの時価額

もしも問題になるのがあるとすれば

家計簿かもしれません。

しっかりつけている人は問題ありませんが

全くつけていない人もいると思います。

 

その場合は、ひとまず

固定支出だけでも把握しておく必要があります。

・家賃

・ライフラインの月々概算

 (電気・ガス・水道・電話・インターネットなど)

・保険

・学費、習い事

などなど

 

これに流動支出

・食費

・衣料

・趣味関係(車、スポーツ、本など)

・交際費

・娯楽費

・医療費

まだまだいっぱいありますが、こんな感じです。

 

この固定支出流動支出を足したものが

支出ですね。流動支出は月、年によってかなり変わります。

ですが、固定支出は基本的に変わらないものですので

固定支出をはっきりさせておけば、今後話が進めやすいです。

早速、準備しておきましょう!

 

ハウスメーカー営業マンは【まず】お客様かどうかCheckしたい

元営業マンとして、「いいお客様」が

いるとします。そのお客様が是非「家を建てたい」と

なっていても、そのハウスメーカーのお客様じゃない!

場合が多々あります。そのために行うCheckが

住宅ローン事前審査です。

 

私もいろいろなメーカーから、話を聞きましたが

あるメーカーさんは、とりあえず「事前審査してみましょう。」

と言ってきました。

(*´Д`)まぁまぁわかりますよ気持ちはね、、、。

払えなかったらお客様でも何でもないですからね^^;

 

多いのは、ある程度営業マンに心を許すように

なってきて、話が出来るようになってくると

希望の家の大きさの話題出ます。

ざっくりとでも、家の大きさと部屋数の希望が

分かれば営業マンは自分のメーカーだと「何千万」位だな。

と見当がつきます。 

 

すると、希望の大きさ部屋数の適当なプランを

何件か出してきます。そのプランを元手に「事前審査」

をメーカーと提携している銀行に提出し

営業マンから見れば、言い方はとっても悪いですが

「いくらまでなら払えるお客さん」

と判断がつくわけです。審査が通らなければ

「終ぅ了ぉ」

努力はしますよ、どうすれば審査が通るか。

でも、審査が通らなければ

無理なものは無理なんですよね⤵

事前審査

事前審査によって自分が借りることが出来る「額」を知る

家を建てる立場から言えば、メーカーが面倒な

事前審査は全部やってくれます。

ですので、気に入ってる3番目くらいまでのメーカーから

事前審査の話があったら、是非受けておきましょう。

事前審査のPOINT

・少し自分が考えている予算より大きめに審査を通してもらう

・事前審査は基本的にその銀行で”1回”受けると
 ほかのメーカーでも受けていることがバレます^^;
・出来るだけ多く、違う銀行から事前審査を集める 

銀行によって、貸してくれる額が結構違います。

今働いている会社と提携銀行などもあると思います。

そこは是非押さえておきましょう!

 

数か所の銀行からもらった事前審査の、最高額が

今、借りることが出来る「最大金額」となります。

よく、借入最大金額は年収の7倍ぐらいと言いますが

実際、事前審査してみると差が出てきます。

しっかり調べてみましょう。

 

ただし!

借りれる額と、実際返せる額は違います。

事前審査は基本的に

源泉徴収・現在の借金額・現職の仕事が何年勤続か・現在の資産

が主にチェックされ判断される材料です。

ココには、月々の支出は入っていません!

 

銀行から見れば

「これだけ収入が安定してあって、借金は無くて、何百万資産あるのか」

「じゃあこんくらい貸しても、まぁ返してもらえそうだね」

「まぁなんかあっても頑張れば返してもらえるでしょうね」

と言いうことで、A.何千万円で!

という事です。

 

なので、実は毎月かなり浪費していて

毎月赤字続きとかまでは、銀行ではわかりません。

毎月の流動支出がわかるのは「あなた」だけです。

月々いくらまでなら払えるかをしっかり、考えなければなりません。

でも、それを考えると訳が分からなくなりすよね。

私はなります。

 

家庭のキャッシュフローもプロから見れば・・・。

私も自分の家の金の流れには疎いところがあります。

ただ、認識はして心配していました。

ですので、まだ20代の頃から信頼できる【FP】さんが

付いています。今回のマイホーム計画にも

散々相談させてもらいました^^;

会社で経理や総務も多少やっていますが、やっぱり

おかねのプロは違います。

 

それもあり、20代の頃から無駄のない保険に入れ

もう40代の今まで一度も、保険の追加などもなく

やってこれました。

客観的に我が家のキャッシュフローを見てくれます。

正直、かなり感心させられました。

まずは、相談してみることからだと思います。☟

 

プロの目から見て、無駄の排除・これからのライフプラン

家を建てる事によって生まれる、メリット・デメリットなど

相談すれば、いろいろな角度からものを見て

方法を一緒に考えてくれると思います。

 

最初は私も、なんか怖いなあ保険売りつけられそうとか

思いましたが、そこは自分の判断で決められますし

相談だけでも全く問題ありません。

 

今では、全然FPさんの業務とはあまり関係ない

事まで電話で相談しています。(これは話が別か^^;)

是非、安心してマイホーム造りを進められるように

一歩踏み出してくださいね。

 

今回の相談目的は

月々いくらまでなら苦労せずにローンを払っていけるか。

だけに絞って聞いてもよいと思います。 

総合的専門家FP

安心して家づくりの次のステップに進みましょう!

 

終わりに

今回は資金のお話でした。

やっぱり我が家でも一番の心配事です。

後は計画通りライフプランを進める事だけです!

万が一にも対応していきたいところです。

我が家はあんまり余裕はないけど頑張ります!^^;

 

さて次回は、もう一歩踏み込んで

住宅ローンの中身についてお話ししましょう。

ではまた。

よろしくお願いします^^/

 このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村