「Kish」i-smart life!

元一条工務店 営業マンが一条工務店ismartで暮らす ぱたぱた家族ブログ

施主(きっしゅ)が間取りで譲れないこと!

一条工務店 i-smart 31坪 我が家の間取り ◆私(きっしゅ)が譲れないこと!

プラン打ち合わせ 当初、私が間取りでこだわった事

こんにちは!

ご訪問ありがとうございます。

今回はかみさん(りさ)に引き続き、私(きっしゅ)が

間取りでこだわっていたことについて

まとめていきます。

 

りさのこだわりはこちらです☟ 

kish-ismart.com

やはり、主婦のりさとしては

こだわりたかったのは、キッチン・洗濯関係と

なんといっても「トイレの位置」でした。

 

りさのこだわりと私のこだわりを比較すると

プラン打ち合わせ当初は、家の大きさ・日当たり・ある程度の各部屋の配置が

主なこだわりとなっています。

 

☟の初めて設計士さんに会ったときの、希望メモを

まとめてみましょう。

間取りで譲れない事

私(きっしゅ)の希望メモまとめ

上のメモをまとめると。

・建坪32坪以下 〇叶った
・玄関は北西配置、シューズクロークが欲しい △半分叶った
・風呂1.25坪・洗面所は北か東に配置 〇叶った
・小さくても和室が欲しい、4.5帖くらい。北か東に配置 △半分叶った
・トイレは真東に置きたくない 〇叶った
・主寝室は7.5帖以上欲しい 〇叶った
・子供部屋は2部屋、5.25帖程度 〇叶った
・吹き抜け必須!、南か南西に配置 〇叶った
 
図面の最終は、こちらでご確認くださいね☟ 

kish-ismart.com

 では、羅列された希望をひとつずつ紐解いてみましょう。

建坪32坪以下にしたい!

こちらの希望の理由は大きく二つ

単純明快な理由が一つ

まず一つは32坪以上の家では予算的に厳しい;;

残念ながらわかりやすい理由^^;

ほんとの元々はi-smileで建てるつもりでした。

それがi-cubeになり、最終的にはやっぱり

i-smartでしょ‼

なったわけです。

 

i-smile:ご存じの通りかと思いますが、一条の企画住宅です。

    決まったプランから選ぶ、自由設計ではありません。

i-cube :こちらは自由設計ですが、i-smartで使用できる住設が

    使えなかったり、標準仕様の幅が少ない商品です。

    もちろん性能は変わらずとても高いです。

i-smart:一条2×6の主力商品、性能・住設ともに上位の設備が

    標準装備、詳しくはこちらで☟

商品/実例|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

一条HPより

 

坪単価が当然 smile → cube → smart

となっている訳で、最初まぁまぁ気に入った

smileの建坪は35~37坪くらいの建物でした。

 

でも、やはり間取りで

「ここがこうだったらなぁ」とか

「ココは住設はこっちがいいなぁ」とか

「オプションで付ける?でもグレード上げれば標準かぁ」とか

そうなると、無駄な部分を削って小さくして

cubeで検討を始めますが、、、。

 

cubeで話を進めていくうちにやっぱり

「smartのキッチンかっこいいなぁお風呂もいいなぁ」とか

「ハイドロテクトタイルいいなぁ」とか

「床はホワイトウォールナットがいいなぁ」とか

「オープンステア欲しいなぁ」とか

になって。。。

 

結局、「i-smart」で決定!

こうなると、ある程度決めていた予算。

i-smileで36坪くらいの予算でi-smart建てようとすると

32坪以下くらいにしないと折り合いがつかない;;

 

ですので!

どうしたら、坪数を削減できて

狭く感じない家を作れるのかを必死で考えたという事です。^^;

 

小さな家にしたい次の理由は、我々夫婦が

爺婆になったときに

持て余すような家はいらない!

これが二つ目の理由です。

 

我が家の実家は、田舎で

建坪70坪!昔は7人で住んでいましたが

亡くなったり、独立し家を出たりで今は3人暮らし。

 

70坪に3人で住んでる状態^^;

使ってない部屋は、荒れ放題・ただの倉庫;;

「自分で家を建てる時は、子供たちがいなくなった後の事考えよう」

これは、だいぶ前から持っていた希望です。

 

それでもイメージ的には35坪くらいかなぁ

という漠然な目標でした。

そこに、金銭的な制約も追い打ちをかけ

具体的な32坪以下の家

こだわり(現実的にクリアしなければいけない事)の1つになった訳です。

 

玄関は北西 シューズクロークが欲しい!

次は玄関の位置と、シューズクロークです。

玄関については実は私の中で、、、。

優先順位が低いのです^^;

というのは、貸家・アパート・マンション暮らしが

長く、狭い玄関に慣れています。

 

まぁ慣れもありますが、たくさんシューズや

小物関係が収納出来る大きなシューズボックスは

欲しくて、今まで住んだ玄関より広ければOK^^。

くらいの認識でした。

 

でも、展示場や現場見学会などでみた

シューズクロークに

「いいなぁ」と思ってしまったわけです。

結局のところ、シューズクロークは無し;;

坪数削減の方が優先順位が高かったわけですね。

 

北西に配置すると希望は、我が家の土地の角度から

西側に道路があり、南西・南にはリビングなどの

共有スペースを置きたいために、言い方は悪いですが

「追いやった」感はありますね^^;

 

でも現状、家が建ってみて場所的にも

正解だったと思っていますのでよかったよかった^^

 

風呂は1.25坪!で北か東配置

お風呂に関しては、メモにこそ書いてないですが

絶対に1.25坪の風呂じゃなきゃヤダ!いやマジで!

コレ2回目^^;

というのも、最後に住んでいるマンションの風呂が

大きいのです。

1.25坪くらい、メーターモジュールなので微妙な差は

ありますが、大きいのです。

それに加えて、私の実家の家の風呂も大きかった。

 

折角、自分で建てた家が感覚的に

退化するのがどうしてもいやだった。

という訳です。

一坪だって全然いいじゃん!坪数減るよ⤴

と、揺らぐこともありましたが貫き通しました!

(ただのわがまま)

i-smart1.25坪お風呂

入るのが楽しみです^^

 

位置の北か東が希望というのは

道路に面しておらず、日当たりは優先されない

エリアだからという理由です。

結局、水回りは北東に集まった結果になりました^^

 

小さくても和室は絶対欲しい!

田舎者の私としては、どんなに小さくても

和室は1つ欲しいと思っていました。

本当は4.5帖くらいがいい、と漠然と思っていましたが

最終的にはまたもや坪数削減のため3帖のかわいい和室に^^

3帖和室

作ってよかったなぁと心から思っています。

日本人の落ち着く空間ですね^^

どんな活躍してくれるか今から楽しみです!

 

トイレは鬼門を外して 

そんなに信心深い方ではないですが

全くない人よりは、ある方かなと思います。

 

ちゃんと神棚は作りたいし、鬼門に水場を置く事だけは外したい!

というのはかみさんも、私も思っていた部分で

図面の真右が、北東なので図面で東(右)の真ん中は外す!

ココも、何とかクリアできました。

 

設計士さんは、一つ一つのわがままを真摯に聞いてくれました。

何一つ文句も言わずに付き合ってくれたことには

本当に感謝しています!「ありがとー」。

 

主寝室7.5帖・子供部屋5.25帖以上がいいな

こちらの希望は、ざっくりの感覚です。

こちらも何度も現場見学を重ねて

このくらいの大きさは欲しいなぁ

という希望でした。

 

主寝室は発達障害の末っ子も一緒に寝るので

ある程度の広さは確保したかったので、うまく間取りが

はまってくれました。

 

子供部屋は、快適過ぎない大きさ

寝るのと、集中して勉強したい時に使う部屋

という考え方です。基本勉強はLDですればいいと

思っております。将来子供が巣立ったら夫婦の

趣味の部屋にしてもいいかなー。

まだまだと思っていると、あっという間に

時間が過ぎるんだろうなぁ・・・。

 

吹き抜けを絶対に取り入れたい‼

一条工務店i-smartで吹き抜けを作らないのは

もったいないと思っています。

 

吹き抜け部分の施工面積が半分になります。

これって実はすごい事なんですよね。

他社ではプラス料金もざら。

気密性・断熱性に自信がないメーカーでは絶対に

勧めてきませんよ。

 

うちの場合☟

一条工務店吹き抜け

吹き抜け部分だけで言うと7帖

ですが、2階の廊下部分も抜けていますので☟

吹き抜け図面

8.5畳分くらい抜けているように感じられます。

31坪の我が家でもある程度、広く感じられる理由です。

 

それともう一つ、ただの見栄にはなりますが。

基本的にi-smartは総2階建てです。

そのため、外観は1階の建坪×2

大きさに見えるわけです。

我が家の場合、31坪の家ですが。

1階の面積は約17坪ですので、34坪くらいの大きさの

家に見えるわけですね。

 

見た瞬間に

「わぁ小さい家だねぇ^^;」

と思われるような見た目ではないので

そこも吹き抜けが絶対必須の動機づけに

なりました。

 

夫婦のこだわりが合体して我が家の「コンセプト」になる

かみさん(りさ)と私(きっしゅ)の

こだわりが重なって、矛盾と無理を少しずつ

削って間取りプランの打ち合わせ中に

「コンセプト」が明確に確立されていきます。

 

間取りプランの大詰めの頃には

判断基準がこのコンセプトに準拠しているかどうか

になってきます。

 

コンセプトが夫婦の間で共有できれば

わがまま以外で衝突することも、だいぶ減ります。

振り返るとやっぱり、間取りプラン打ち合わせは

楽しかったなぁ^^図面を見て、次回の打ち合わせでは

こうして、ああしてとか。

 

具体的なイメージが湧くように、悩んでいるエリアが

似ている現場にも何度も行かせてもらいました。

正直、我が家は今思えば

「家づくり楽しんだなぁ*^^*」

と、満足しています。皆さんも満足した家づくりが

出来ますように‼ご質問ありましたらどうぞ!

わかる範囲で、お答えします。

 

ではまた。

よろしくお願いします^^/

 このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村